障害年金とは何?

一般的に障害年金というのは国民年金と厚生年金に設定されている制度でして、あるレベルの障害を発症した場合は公的年金が支給されるものです。
実は障害年金と言っても、国民年金と厚生年金とでは仕組みや支給額などが異なっているのが特徴になります。

国民年金が根拠となる障害年金は障害基礎年金と呼ばれまして、支給されるためには障害の程度によって1級か2級の認定等級を取得しなければならないのです。
どのような障害がどの等級に属するのかは、定められている等級障害表によって判断されなければなりません。
障害基礎年金の支給額は現在のところ1級にて年額975,100円で、2級に関しては780,100円と設定されているでしょう。
また、障害年金受給者に18歳未満の子供や20歳未満の障害等級1級・2級を持つ子供がいる場合は、子供の数に応じて一定の金額が加算されます、

一方、厚生年金が根拠となる障害厚生年金になりますと上述の基礎年金1級・2級の他に3級の設定がありまして、障害厚生年金の1級・2級では基礎年金の年額の他にそれまでの労働で得られていた報酬を参考にして報酬比例の年金額と呼ばれるものが加算されるでしょう。
もちろん、障害厚生年金にも基礎年金と同じような子供に関する加算額の規定も存在している分けです。
このように国民年金と厚生年金とでは保険料に関して本人負担分と会社負担分の差が存在していることから、障害年金に関しても金額上の差が出てくると言えるでしょう。